So-net無料ブログ作成
関東甲信越 ウォーク ブログトップ
前の10件 | 次の10件

水戸梅まつりウォーク [関東甲信越 ウォーク]

梅まつりの水戸へ  

s-IMG_0280.jpg

納豆の碑! 納豆好きの私もうれしい

s-IMG_0282.jpg

ここもアニメ化か

s-IMG_0289.jpg

天狗納豆さんで 資料館も拝見 こちらの創業者(写真 おひげの方)が水戸駅で弁当を売り始めたのがはじまりとか

s-IMG_0291.jpg

黄門さま 誕生の地! こちらは前日の伊能忠敬に代わって 黄門さま 慶喜さま

s-IMG_0294.jpg

黄門神社から水戸城・薬医門へ。尋ねたところ、現在、水郡線が通っている元の堀は、開通時に広めたどころか、狭めたのだとか。大きいい城でした。戊辰のときに一戦あったならば、、、

s-IMG_0298.jpg

城中の大シイ 水戸一、水戸三、学校が多くありました水戸のエリート教育現場です 

s-IMG_0305.jpg

弘道館へ

s-IMG_0307.jpg

徳川光圀・慶喜公などの歴史遺物見学。気迫あふれる「尊攘」の書。

s-IMG_0309.jpg

説明のボランティアがついてくださいました。本当にわかりやすく勉強になりました。

s-IMG_0314.jpg

こちらも偕楽園とならんでの名所

s-IMG_0318.jpg

サンチュも色を添えます

s-IMG_0324.jpg

至善か

s-IMG_0327.jpg

右から左 ななめにななめに読んでいきます

s-IMG_0332.jpg

中庭へ 鹿島神社 八卦堂

s-IMG_0334.jpg

後ろは元県庁舎 貫禄ある建物です 

s-IMG_0338.jpg

さてお楽しみ あんこう鍋ランチ 運よく一室しかない奥の個室にて

s-IMG_0341.jpg

あん肝 ほかに7種・供酢も。

s-IMG_0339.jpg

いやいや美味かった。あっというまのおじや。その後、これはうまいものと東京でも探し続けていますが、どうも聞くほど、現地のこれらにはかなわないようです。

s-IMG_0348.jpg

大通りを偕楽園へ。

s-IMG_0343.jpg

今回は行けなかったけど、有名な美術館オブジェ。

s-IMG_0349.jpg

黄門さまがここでも登場

s-IMG_0350.jpg

表門・表参道をたどります

s-IMG_0352.jpg

よく晴れて紅梅ピンクのきれいな梅を見れました

s-IMG_0363.jpg

4分くらいでしょうか

s-IMG_0367.jpg

じゅうぶん見ごろです 週末土曜日にアド街ック天国で放送して2日前の日曜日は混んだようです。

mito 2.jpg

黄門さまや梅むすめさんたちにも会えました

s-IMG_0381.jpg

皆で楽しむので 偕楽園だそうです

s-IMG_0384.jpg

きれいです

s-IMG_0385.jpg

幸多かんことを

s-IMG_0387.jpg

陽気のよかったです

s-IMG_0393.jpg

千波湖への斜面

s-IMG_0394.jpg

湖面の水と合わさって ますます映える景観

s-IMG_0396.jpg

名木?

s-IMG_0399.jpg

s-IMG_0403.jpg

s-IMG_0421.jpg

s-IMG_0426.jpg

s-IMG_0427.jpg

s-IMG_0433.jpg

おつかれさまでした。ご参加いただきましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

佐原 小江戸歩き [関東甲信越 ウォーク]

佐原江戸歩き 

s-IMG_0135.jpg

少人数ゆえに ささっと予定変更 先ず香取神宮へ

s-IMG_0139.jpg

平将門も活躍した武将の地の社、下總國一之宮 香取神宮です 張りつめた空気がつたわってきます

s-IMG_0142.jpg

扁額の揮毫は 東郷平八郎によるものです

s-IMG_0145.jpg

豪奢な本殿 鹿島神宮、息栖神社と合わせて、東国三社ということです 奥社は剣豪の修行の場所だったとのことですが、入口で殺気を感じてしまって?入れませんでした。

s-IMG_0172.jpg

運河沿いの旧商家を歩きます。

s-IMG_0179.jpg

たくさんの伊能忠敬像に会いました

s-IMG_0189.jpg

前の、樋橋からは水が流れ出します その昔は用水が常時流れ出してたようです

s-IMG_0195.jpg

新しくなっているものもありました 東京からだとかなり遠方ですが、この先も楽しみです

s-IMG_0209.jpg

創業古い蕎麦屋へ。中のスペースのサイズも江戸人サイズ・・・

s-IMG_0219.jpg

荘厳寺 国・重要文化財「十一面観音立像」平安、それも藤原期!の作といわれます。

s-IMG_0222.jpg

くしくも前週の王福寺の薬師如来と並ぶ関東の2名仏像を拝見しました

s-IMG_0228.jpg

佐原諏訪神社から下ります

s-IMG_0230.jpg

すばらしい根張り

sawara 1.jpg

伊能さん記念公園

s-IMG_0247.jpg

高須さんを駅にお送りして、小野川・運河に戻ります

s-IMG_0256.jpg

柳はやはり、葉がついていたほうがいいですね

s-IMG_0261.jpg

川越よりも一回り大きいかんじです

s-IMG_0265.jpg

月曜日なので静かに歩くことができました

s-IMG_0269.jpg

利根川に出てみました。水運の地の実感。江戸時代初めに大きな工事で流れをかえられたのですね

s-IMG_0273.jpg

おつかれさまでした。ご参加いただきましてありがとうございました。この後、潮来・霞ヶ浦・鉾田・大洗をかすめながら水戸に移動しました。夜、卒業以来久しぶりに、女房とも共通の知人・探検部後輩(某新聞デスク?)に会いました。思い出話と、近況などなど、頭のいい人との会話は楽しいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

野川ウォーク 2回目 [関東甲信越 ウォーク]

野川ウォーク 3年ぶり2回目 今回は変化も加えて

s-IMG_9394.jpg

西国分寺駅から歩き出し。鎌倉街道の東海道=東山道連絡街道が抜けていたそうです。

s-IMG_9395.jpg

駅前より風が止んできました。

s-IMG_9402.jpg

なんの花だったか? 寒い時期にうれしい発見です。

s-IMG_9405.jpg

お鷹の道へ向かいます。弁天さまの近く、野菜も売っているりっぱな古民家。

s-IMG_9407.jpg

長屋門

s-IMG_9408.jpg

「お鷹って、人の名前でなくて 鷹狩りからきているんですって」

s-IMG_9410.jpg

しばらく小道をたどります まわりの地主さんのご理解のもとに通れるんだそうです。

s-IMG_9416.jpg

橋のたもとに、お不動さん 急流だったころは橋が流されたりのような困難があったとのこと

s-IMG_9417.jpg

白梅、いい木だなあ

s-IMG_9420.jpg

川沿いを歩けないところもありましたが、久しぶりに渡ります。

s-IMG_9425.jpg

しょうじき、小金井市に入って 景色がよくなります

s-IMG_9427.jpg

ダイサギ? 近づいてもけっこうどうどうとしています

s-IMG_9431.jpg

かなり細い流れ、足にやさしそうだし、川の近くを歩いてみましょう

s-IMG_9439.jpg

その後、タイミングよくきたバスに乗車して 新小金井街道を移動して焼肉食事 あれなにか発見

s-IMG_9436.jpg

金のなる木(ゼニノキ)の開花 めずらしいんだそうです 5円玉がくくりつけてありましたが、めったにないことなので花を見ることは幸運をよぶのだそうです 寒い日に歩いているかいがありました

s-IMG_9442.jpg

浅間山公園に 川沿いばかりでは 元山女さまたちには物足りないので いいチョイスです 5月にはご当地キスゲが咲くのだそうです

s-IMG_9450.jpg

3つある小山 しばらく山道を歩いて着いた先からは

s-IMG_9447.jpg

うっすらと奥多摩の山々、名前からして富士山も見えるのでしょう いい眺めです

s-IMG_9451.jpg

あのパラボラはなんだろうかと、、、

s-IMG_9453.jpg

府中浅間山・ご本山にたどりつきました

s-IMG_9455.jpg

街道の名前にもなっている 人見氏にちなんでいたのだったかな 

s-IMG_9456.jpg

思えばこうした小山ごとに豪族がいたのかも、、、ご自慢のお山だったでしょうね

s-IMG_9463.jpg

さて、今回の裏メニュー、多磨霊園へ 思っていたより広い! 常時、距離感は気にしていますが、敷地の広さを実感したのは久しぶりです

s-IMG_9465.jpg

思っていたほど著名人のお墓探しははかどらず、唯一たどりつけた 岡本太郎さん墓地

s-IMG_9466.jpg

かの子さん・一平さん 父母のものも。川端康成氏が「理想の家族3人」と評した碑もありました。この敷地内では何やらじんわりと特別な感慨がやってきます。

s-IMG_9468.jpg

墓地内は車が行き交うくらいだったので、歩いては出口も遠かったけど、「くじら山」に登頂!

s-IMG_9469.jpg

また野川にもどってきました 

s-IMG_9472.jpg

季節がらか か細い流れ 

s-IMG_9476.jpg

初めて訪れる駅 武蔵境に出て解散しました 小田急利用には八王子か新宿かで、けっきょく新宿に出ました おつかれさまでした。ご参加いただきましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

仁右衛門島・清澄寺 [関東甲信越 ウォーク]

房総富山は中止して、仁右衛門島・清澄寺行きに変更しました。

s-IMG_7715.jpg

羽月さんと平塚で待ち合わせて久里浜へ 今年はコスモス、咲くかな

s-IMG_7717.jpg

房総半島を横断して仁右衛門島の渡しへ

s-IMG_7719.jpg

小舟に乗って10分ほど

s-IMG_7728.jpg

上陸しました 菜の花が咲いています

s-IMG_7730.jpg

蓬島弁財天まで行くと 次の船が向かってきていました

s-IMG_7748.jpg

午後のメニュー 清澄寺方面 仏舎利塔が見えます

s-IMG_7750.jpg

古の昔から一軒の島主 平野氏宅

s-IMG_7753.jpg

さらに外海側へ

s-IMG_7758.jpg

きれいな海です

s-IMG_7771.jpg

鳥居がある先は

s-IMG_7768.jpg

頼朝公が石橋山のあと安房にわたって隠れて追っ手をしのいだという「かくれ穴」です

s-IMG_7773.jpg

先端のほうで

s-IMG_7780.jpg

ランチにしました すがすがしい!

s-IMG_7788.jpg

それでは船着き場に戻ります

s-IMG_7795.jpg

清澄寺へ

s-IMG_7797.jpg

いちど麻綿原と結んで歩いてみたいものです

s-IMG_7800.jpg

もともとは天台宗のお寺だったそうですが 江戸時代に日蓮宗に改宗されたそうです

s-IMG_7810.jpg

大杉があります

s-IMG_7814.jpg

仏舎利塔 日本山妙法寺さんですね

s-IMG_7832.jpg

鯛の浦 誕生寺に下りて ご幼像

s-IMG_7838.jpg

仁王門

s-IMG_7840.jpg

駐車場のおばさんにすすめられて、鯛せんべいもいただいてみました、鯛づくしの土地ですね。この時期金目鯛ですが、こちらはマダイのようで、沖に、天然記念物ともなっている群生地があるようです。

nice!(0)  コメント(0) 

羽田七福神(いなり) [関東甲信越 ウォーク]

 京急線の駅を出て羽田の七福いなり巡りへ。弁天さまがいらっしゃって八福でしたが、細かく言うと七福「神」ではなさそうです。

s-IMG_7397.jpg

5日までという短さゆえか なかなかのにぎわい

s-IMG_7399.jpg

さあ出発 

s-IMG_7400.jpg

きれいですね

s-IMG_7404.jpg

住宅地でありながらたくさんの寺社あり

s-IMG_7406.jpg

多摩川べりへ

s-IMG_7407.jpg

おなじみ つくだ煮やさん

s-IMG_7408.jpg

下町や漁師町の風情がよく残っていました。

s-IMG_7411.jpg

そのむかし海岸線はだいぶ陸側だったようです

s-IMG_7412.jpg

漁業でも「猟師」? へー

s-IMG_7415.jpg

りっぱな彫り物

s-IMG_7417.jpg

大鳥居 多摩川源流歩きの起点でしたね

s-IMG_7419.jpg

いい1年になりますように

s-IMG_7422.jpg

穴守八幡で締め

s-IMG_7424.jpg

レトロな料理屋さん

s-IMG_7426.jpg

駅前の中華やさんでご飯

s-IMG_7434.jpg

延長戦、呑川下流に歩きつなぎます

s-IMG_7430.jpg

昨年歩いた浦安のようすにも似ています。

s-IMG_7436.jpg

最後は蒲田まで歩いて 有名餃子店も訪ねました。よく歩きましたが正月早々満腹です。

nice!(0)  コメント(0) 

小石川・望年会 [関東甲信越 ウォーク]

年末の会の恒例 忘年会 今年は小石川へ

s-IMG_6225.jpg

まだまだ紅葉きれいでした

s-IMG_6219.jpg

刺激的だったのが、これがニュートンのりんごの木

s-IMG_6222.jpg

こちらはメンデル(の法則)のブドウの木 ちょっと感動します

s-IMG_6223.jpg

散策が続きます。

s-IMG_6226.jpg

思っていた以上に見どころ多く。

s-IMG_6227.jpg

楽しい散策が続きます。

s-IMG_6234.jpg

スズカケの木やユリノキ

s-IMG_6243.jpg

左の「先生」も同伴してくださって、ヤマブドウなどをポケットから出してごちそうしてくださいました。

s-IMG_6249.jpg

小山に上がって休むと、眼下に庭園が。

s-IMG_6255.jpg

下りていってみると、

s-IMG_6258.jpg

東大にあった建物を移設したのでした。

s-IMG_6262.jpg

記念写真ぱちり

s-IMG_6264.jpg

春などもきっときれいでしょうね。

s-IMG_6270.jpg

とても空いていましたが、外国の方もいらっしゃいました。

s-IMG_6279.jpg

メタセコイアも

s-IMG_6282.jpg

やっと周回しました

s-IMG_6284.jpg

後楽園はパスに。

s-IMG_6287 3.jpg

神楽坂界隈に出て雰囲気ある肴や割烹を貸切にて会食、お料理はみごとなものでした。

s-IMG_6291.jpg

女将さんが撮ってくださいました。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

新宿おとめ山 [関東甲信越 ウォーク]

新宿おとめ山 久しぶりの都内ウォーク

s-IMG_6013.jpg

雑司ヶ谷のイチョウなど寄り道

s-IMG_6014.jpg

いきなり強烈

s-IMG_6017.jpg

こちらはメインにしてもいいくらい

s-IMG_6028.jpg

近衛旧宅界隈・落合へ

s-IMG_6034.jpg

好ましいたたずまいです

s-IMG_6041.jpg

紅葉もまたよし

s-IMG_6046.jpg

落合秘境の山手

s-IMG_6049.jpg

公園では説明の方々が親切にお話ししてくださいました

s-IMG_6057.jpg

その他にもハケの清水のようなところあり

s-IMG_6062.jpg

病院のレリーフきれい

s-IMG_6065.jpg

住宅も上品

s-IMG_6068.jpg

霞坂だったか

s-IMG_6071.jpg

庶民的な中井まで下りて 川沿いのカフェへ 

s-IMG_6070.jpg

かわいい店内

s-IMG_6072.jpg
手作り感あり美味しいランチ
s-IMG_6082.jpg
林芙美子旧宅へ
s-IMG_6074.jpg
庭の紅葉がとてもよく、説明の方もついてくださって見学を楽しめました。

s-IMG_6076.jpg

ご主人が平成まで暮らしていたので残ったのだとか

s-IMG_6077.jpg

s-IMG_6079.jpg

s-IMG_6090.jpg

「放浪記」を読まねば!

s-IMG_6100.jpg

さらに川沿いを哲学堂へ

s-IMG_6102.jpg

登り、ありました

s-IMG_6104.jpg

さらに中野に向かいます

s-IMG_6110.jpg

レトロ

s-IMG_6111.jpg

レトロ

s-IMG_6114.jpg

新井薬師の下町まで歩きました。

s-IMG_6113.jpg

大きな桜

s-IMG_6119.jpg

中野は人が多い! けっこう歩きました おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。

s-IMG_6121.jpg

メーテル

s-IMG_6131.jpg

大学の友人と卒業以来で会います

s-IMG_6136.jpg

思い出横丁

s-IMG_6137.jpg

ここではない、静かなところで飲みました。

nice!(0)  コメント(0) 

狭山丘陵② [関東甲信越 ウォーク]

狭山丘陵 2回目、前回は昨年の10月末でした。

s-IMG_4086.jpg

JR八高線・箱根ヶ崎集合。初めて下りました。

s-IMG_4088.jpg

駅の西側からは大岳山・本仁田山や雲取山方面がのぞめます。

s-IMG_4095.jpg

2回目は東京都から埼玉県側へ抜けます。小さい宿場町・お寺を見てカタクリの里から公園西口から入山します。

s-IMG_4099.jpg

東京側でも狭山の字が見られます。たとえばお茶。丘陵地名から由来するようです。こちらはお伊勢山だったかな。

s-IMG_4102.jpg

六道の辻。出会いの辻。大きなサクラの木だったか。

s-IMG_4107.jpg

こちらも倒木がすごいですね

s-IMG_4109.jpg

日曜日催行なのに人に会いません・・

s-IMG_4114.jpg

175m三角点の広場

s-IMG_4122.jpg

湿地に下りていきます

s-IMG_4123.jpg

そのむかしを彷彿とさせる静かなところです

s-IMG_4130.jpg

さいたま緑の森博物館 静かと思っていたら、なにか秋のイベントでライヴでにぎやか。 

s-IMG_4133.jpg

お昼をいただいて記念写真。さあ午後の後半へ。

s-IMG_4139.jpg

大日如来さま なぜか2体。

s-IMG_4141.jpg

丘陵周縁から少し離れて 比良の丘 

s-IMG_4143.jpg

北海道のようです

s-IMG_4147.jpg

休憩所

s-IMG_4148.jpg

花もきれい

s-IMG_4151.jpg

おお、サクラも 金仙寺というお寺のもので、樹齢150年のシダレザクラも見もののようです

s-IMG_4153.jpg

トトロ5号地を通って周縁地にもどります

s-IMG_4156.jpg

それからは少し退屈でビミョウなところもありましたが、

s-IMG_4162.jpg

まもなく狭山湖につきました すごいヒマラヤ杉

s-IMG_4163.jpg

山口貯水池とも 空が広くなって湖の奥も見渡せて気持ちいいです

s-IMG_4164.jpg

ダム下に下山口方面 家が多いですね

s-IMG_4169.jpg
狭山不動 

s-IMG_4167.jpg

その駐車場に??

s-IMG_4171.jpg

西武ドームに久しぶりに という感傷もないこの人混み!  アイドルマスター?? メットライフドームなんだとか ここに人はいたのか!

s-IMG_4175.jpg

ちょうどこれから開始時期のようだったので、入れ替わるように私たちは上り電車に乗って解散。最後にすごいものを見ました。さすが週末。歩きがいのあるウォークでしたね。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

榛名山 [関東甲信越 ウォーク]

予備日利用の3日目は 名胡桃城址から快晴の榛名富士・榛名神社で遊びました。

s-IMG_1960.jpg

歴史好きな人ぞのみ知る名胡桃城址 私が4日前に訪れた石垣城を拠点にした「小田原征伐」に大いに関係があって、一昨年の大河ドラマ「真田丸」にも少々の描写がありました。

s-IMG_1961.jpg

こちらの説明では、ここでの北条の裏切り戦闘が「戦国時代を終わらせた」きっかけになったのだそうです。

s-IMG_1968.jpg

道の駅「楽水楽山」から「子持山」 このコースも捨てがたいです。

s-IMG_1970.jpg

今回はイージーモードから榛名富士へ。歩いても登れますが・・・

s-IMG_1986.jpg

エッジのきいた「相馬岳」

s-IMG_1971.jpg

晴れてきました。色づいてきていて あと2週間くらいで最盛かなと思われました。

s-IMG_1987.jpg

よく見るとスカイツリーまで見えたのでした。

s-IMG_1992.jpg

湖畔で食事 きれいな湖面の色 周りには登りたい山々がたくさんあります

s-IMG_2007.jpg

午後は榛名神社へ

s-IMG_2017.jpg

岩の殿堂

s-IMG_2020.jpg

前回は週末で混んでいたけど今回はゆっくり

s-IMG_2025.jpg

これで上野 六之宮なんて

s-IMG_2034.jpg

仏さまのような「御姿岩」 海老名駅には夕方帰着。今年は健脚縦走組の方々にはお気の毒な天気になってしまいました(前穂-奥穂が恵まれたくらい)。またいろいろ考えてみます。おつかれさまでした。



nice!(0)  コメント(0) 

玉原高原 [関東甲信越 ウォーク]

翌朝も濃霧の中に。8時間を見晴らしのきかないガスの尾根道を、ときどきでしょうが強風雨を心配して歩くのは嫌気して、

s-IMG_1881.jpg

今年のクライマックスに楽しみにしていた谷川岳縦走ですがあきらめて下山することにしました。s-IMG_1883.jpg

お2人が帰られることになってしまいましたが、残り1日半を群馬県側の山々にご案内しました。

s-IMG_1885.jpg

こちらは玉原湿原(6月に雨天中止になっていた)。秋も良いと聞いていたので来ましたらいいところでした。

s-IMG_1880.jpg

①色のバランスがいいですね。

s-IMG_1889.jpg

自然のなせるわざです。

s-IMG_1891.jpg

雰囲気的にも、この時期に照葉峡から訪れたことのある武尊・田代湿原(奥利根水源の森)と似ているかな。

s-IMG_1896.jpg

②玉原湿原

s-IMG_1904.jpg

ミニ尾瀬とも呼ばれるそうです。

s-IMG_1902.jpg

さらに小さい沢を上がったところに広がる

s-IMG_1908.jpg

③ブナ林! こちらはまだ黄葉していませんが

s-IMG_1916.jpg

大きなブナ林です

s-IMG_1923.jpg

ブナにはガスも似合いますね

s-IMG_1933.jpg

いつまでも静けさを保たれていてほしいものです

s-IMG_1938.jpg

展開よくできている遊歩道です

s-IMG_1939.jpg

また是非来てみたいですね

s-IMG_1942.jpg

湿原から ぐるりと周れます。

s-IMG_1946.jpg

ミズメ カバノキ科でアズサ(梓)とも呼ばれて、「樹皮や材観がサクラに似ていることから、ミズメザクラ(水目桜)とも呼ばれる。高い弾力性から弓にも利用されたらしいです。

s-IMG_1951.jpg

みなかみの道の駅で人心地 奈良俣ダムの施設や湖を見学して 急きょ予約したお宿へ

s-IMG_1956 2.jpg

洞元湖ほとりの民宿「やぐら」さんです 9-10月の天気が今年のようにふるわないと、来年は「平標山-仙ノ倉山」などへかなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | 次の10件 関東甲信越 ウォーク ブログトップ