So-net無料ブログ作成
神奈川 登山 ブログトップ
前の10件 | -

「いつでも山行」生藤山周遊 [神奈川 登山]

年明け、新しい会員の方々をお迎えしていますが、皆さま、週末がご都合よろしいので、(混みそうにない)場所を選びながらですが「予定表」にない、あらかじめ見当をつけておいた「いつでも山行」のラインアップから、主に連絡・調整がしやすいLINEを利用しながら お誘います。今回は初めてで、・武蔵五日市駅発 いずれも11㎞ほど CS6時間 実際7時間ほど ビスターリ+~アクティブ- 「生藤山 秋川からの周遊」 「御前山 藤倉からの周遊」から前者をチョイスしました。

s-IMG_2945.jpg

下川乗りから破線ルート おじさんから「荒れているよう」の声にめげず、ぐいぐい上がります。

s-IMG_2948.jpg

かわいいスミレが応援

s-IMG_2956.jpg

トヤド浅間(せんげん)です 富士山が見えることもあるのでしょうか

s-IMG_2958.jpg

秋川沿い、軍道のあたりは花がきれいでしたが、こちらはヤマザクラまだまだ

s-IMG_2963.jpg

浅間峠近く スミレがたくさん きれいでした

s-IMG_2964.jpg

おお お変わりなきや 浅間のお宮

s-IMG_2966.jpg

「つる**」なんてですかねえ 山梨県側の地名が4か所書かれています

s-IMG_2972.jpg

久しぶりに笹尾根を歩きます

s-IMG_2975.jpg

カタクリ 見っつけ!

s-IMG_2976.jpg

熊倉山までアップダウンが始まりました その昔もしんどい思いをしたのを思い出します

s-IMG_2981.jpg

名のとおり、笹がかろうじて残る 熊倉山でクラツーさん20名くらいとすれ違いました(*_*) また、沢登りの方も上がってきました 短かったのかな

s-IMG_2983.jpg

生藤山 ヨシヅカさんがパンケーキでコーヒーブレイクをしてくださいました!

s-IMG_2984.jpg

2年ぶりか 三国峠もとてもにぎやかでしたがここはがらん

s-IMG_2985.jpg

さらにアップダウンがありますが 茅丸などは巻き道を使えました

s-IMG_2989.jpg

今回はここ連行山で さらに長い万六尾根をたどります

s-IMG_2998.jpg

万六の頭は気持ちよいところ

s-IMG_3002.jpg

急坂、ジグザグをたどって また秋川に戻ってきました

s-IMG_3003.jpg

バス通りに登り返し

s-IMG_3004.jpg

柏木野に出ましたが バスに小一時間待ち あーあ

s-IMG_3009.jpg

と、村会議員さんでいらっしゃるこの方が助けてくださり、ご親切に車で反対方向なのに送ってくださいました。感謝! 週末の秋川はバイクの大音量に少々鼻白みながらも、山の中腹から上は静かで るんるん・ぐいぐい春山を歩けました。また、図らずも魅力的な方々に巡り合えて楽しい山行でした。お疲れさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。 #トヤド浅間 #万六ノ頭  #生藤山

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

丹沢 鍋割山 [神奈川 登山]

今年早くも3度目の鍋割山へ

s-IMG_2836.jpg

小田急線・先頭車両より 見れば運転席は新人さん、指導員の2人 運転士・車掌の職務呼称はなくなるらしいけど世代交代はつづく、、

s-IMG_2850.jpg

表丹沢県民の森(450m)から二俣を経て後山乗越へ

s-IMG_2851.jpg

後沢乗越てまえ

s-IMG_2854.jpg

しばらくして富士山お出まし

s-IMG_2860.jpg

あとで回る小丸ピーク

s-IMG_2863.jpg

にぎやかな若者たちが 手に手にペットボトルの水を持って抜いていきました 会社研修の合間のレクリエーションだとか

s-IMG_2864.jpg

鍋割山(1272m)に12時少し前に着きました 暑くて汗かいたけど冷たい風も

s-IMG_2866.jpg

鍋焼きうどん ありつけました なんと後ろの若者たち第2グループは「ないよ」って。

s-IMG_2869.jpg

12時なのに終わり。「急に大勢で来たってない」「明日250杯の準備しなきゃ」って、予約はしなかったみたいで仕方ないかもしれないけど水も運んでたし大勢の若者が可哀そう。

s-IMG_2871.jpg

社会より厳しい、山の世界。おじさんはお疲れ気味に見えます。宿泊も4月から取りやめ、ご注意を。

s-IMG_2874.jpg

ゆっくり山頂で過ごして、それでは富士山さようなら。黄砂の飛来情報がありましたが少しかすんできました。

s-IMG_2873.jpg

こちらを向いてください。ハイチーズ。

s-IMG_2875.jpg

雨山方面。地面はモグラかしら。

s-IMG_2876.jpg

丹沢を代表する、けっこういいところです。

s-IMG_2877.jpg

木立の向こうに、

s-IMG_2881.jpg

不動の峰から蛭ケ岳への神奈川の屋根。手前は弁当沢ノ頭でしょう。一度だけ下りてきたことがあります。

s-IMG_2882.jpg

鍋割山と富士山

s-IMG_2887.jpg

孤高のブナ

s-IMG_2891.jpg

さて、小丸を越えて分岐店へ。

s-IMG_2894.jpg

地上は はるか下  

s-IMG_2895.jpg

小丸尾根を下ります

s-IMG_2899.jpg

松田山 箱根の山、、、さあ下りましょう。

s-IMG_2900.jpg

「けっこう あるわねえ」

s-IMG_2901.jpg

冷たい強い風が吹いてきました 難渋しながらもしっかり下山しました 16時に車を頼んでおいてほぼその時間に下りられました。

s-IMG_2911.jpg

秦野で途中下車して私が行きますといったら あまり本気にされていなかったようですが、

s-IMG_2912.jpg

タクシーでもちょっと寄ってもらいましたが、「秦野のサクラみち」に歩きに来ました。s-IMG_2934.jpg

季以降、またあらためて歩きにお誘いしようと思います。お疲れさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

秦野 弘法山 [神奈川 登山]

地元の弘法山? 山歩塾でもお馴染みのサクラ山へ、「日本生涯現役」さんとタイアップで出かけました。

s-IMG_2743.jpg

秦野ガスの合間に富士山お目見え

s-IMG_2744.jpg

水無川沿いを歩いていよいよ取りつき

s-IMG_2748.jpg

急坂を上がって初めの 浅間山。すばらしい眺め!

s-IMG_2753.jpg

去りがたくも先長し

s-IMG_2756.jpg

権現山手前 ここもいいですね

s-IMG_2758.jpg

大山が見えてます

s-IMG_2761.jpg

スミレもたくさん

s-IMG_2765.jpg

広くて散らばりましたが、少しお腹にいれましょう~

s-IMG_2768.jpg

権現山・展望台から

s-IMG_2769.jpg

なんといってもこちら

s-IMG_2771.jpg

パンフレットより いい咲き具合

s-IMG_2772.jpg

あらためて大きいい富士山 地元秦野の自慢の景色ですね

s-IMG_2777.jpg

南には 平塚 相模湾 江の島 三浦半島、その先に大島や利島 看板では神津島も?

s-IMG_2782.jpg

馬車道を歩きます 「馬場ではたくさんの露天の店が出ています」と紹介したのに、「桜まつり」が終わって、退いてしまったの?甘味やさんだけ開いてくれていて買い物しました。

s-IMG_2784.jpg

今回は「伊勢原 みよし」の助六弁当を用意しました おいしいですよう

s-IMG_2785.jpg

サクラは横ショットが多いのですが、縦にも挑戦s-IMG_2789.jpg

やはり横か

s-IMG_2794.jpg

去年は3月28日でした。

s-IMG_2801.jpg

今年は本日4/3以降、まだまだ楽しめそうです。

s-IMG_2806.jpg

弘法山(お堂)まで歩きました。

s-IMG_2811.jpg

なにやら快調過ぎて、当初の自興院でなく、善波方面に向かうことにしました。

s-IMG_2818.jpg

途中で尾根を下って「山裾の道」へ。正面が吾妻山です。

s-IMG_2822.jpg

先週の焼津に続いて、ヤマトタケルノミコトゆかりの石座神社です。ここもいいサクラです。14時過ぎに鶴巻温泉駅で解散しました。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。クミコさんが湘南ゴールドを探されていて、弘法の里湯にもなく残念でしたが、後日、駅裏に新しくできた地元ショップに出ていました[あせあせ(飛び散る汗)]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

鳶尾山 八菅山 [神奈川 登山]

厚木 鳶尾山へ

s-IMG_2133.jpg

ここの早春の雰囲気好きです。

s-IMG_2128.jpg

困難を救ってくださった伝説あり 金毘羅さま 字がちがいますが船曳様とありますね

s-IMG_2134.jpg

大山に 朝のごあいさつ

s-IMG_2138.jpg

昨秋も歩いた経ケ岳方面

s-IMG_2141.jpg

「山笑う」

s-IMG_2143.jpg

大グループに抜かされました

s-IMG_2163.jpg

鳶尾山山頂へ

s-IMG_2164.jpg

看板が出ていて、やはり多数の方々がお手入れをされているのだとか

s-IMG_2168.jpg

頂上近く ますますきれいに

s-IMG_2170.jpg

海老名や厚木、横浜や鎌倉からもよく見える山です

s-IMG_2178.jpg

まだまだ咲くのでしょうね

s-IMG_2183.jpg

「きれいねー」

s-IMG_2193.jpg

雲でかげってまたよし

s-IMG_2156 2.jpg

足元にスミレもよかったですよ 上は「マスミレ」でよいのか

s-IMG_2195.jpg

さあ、サクラに早いと知りつつ、来ましたのはこちら

s-IMG_2196.jpg

八菅神社です 二大丹沢修験の一つでした

s-IMG_2211.jpg

法螺貝が吹かれる中、昼食。そのうち、山伏たちが中腹に到着して儀式はじまり

s-IMG_2221.jpg

口上 やはりご体格がいいです

s-IMG_2232.jpg

火がつけられました

s-IMG_2241.jpg

煙がすごい

s-IMG_2255.jpg

!! 燃え過ぎでは??

s-IMG_2269.jpg

手入れが始まりました(消防車も待機していました)

s-IMG_2273.jpg

さすがに火の扱いに慣れていらっしゃいました

s-IMG_2277.jpg

渡られた!

s-IMG_2287.jpg

終了後、八菅山にも行ってきました

s-IMG_2294.jpg

貴重な いこいの森 アスレチックもきれいになっていました

s-IMG_2300.jpg

今回はさらに中津川を越えて

s-IMG_2305.jpg

対岸の下谷も歩きました

s-IMG_2312.jpg

山十古民家 「かながわ まちなみ100選」古道も通じていたようです

s-IMG_2318.jpg

龍福寺の仁王さん 山門もめずらしい竜宮状のよう おつかれさまでした。サクラとご神事をお楽しみになられました。ご参加いただきまして ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

足柄 矢倉岳 [神奈川 登山]

足柄矢倉岳 地蔵堂からの周遊。

s-IMG_1580.jpg

地蔵堂から かなりそびえています

s-IMG_1570.jpg

少しさかのぼって 大雄山駅集合

s-IMG_1583.jpg

山伏平へ直接上がる道を歩いてみました

s-IMG_1586.jpg

水ための残る農家から林の中へ

s-IMG_1590.jpg

いちど小沢に下りて登り返します 倒木あり

s-IMG_1595.jpg

昨秋歩いた、明神ケ岳北尾根 あらためて長いです

s-IMG_1597.jpg

送電線の下を歩きます 少し削れているところがありました

s-IMG_1598.jpg

金時山が近いような遠いような

s-IMG_1604.jpg

樹林帯の中で山伏平は十字路 もしくは5差路

s-IMG_1610.jpg

急坂を上がると 富士山ドカーン ポツンと白い小山が小富士です

s-IMG_1616.jpg

登頂! 愛鷹も見えます

yagura view.jpg

箱根方面の大展望!おいしくお弁当をいただきました。長らく滞在を楽しんで下山へ。

s-IMG_1640.jpg

足柄峠へ、だいぶ歩きました 振り返る先は

s-IMG_1652.jpg

登って来たばかりの矢倉岳

s-IMG_1653.jpg

富士箱根トレイルの標識あり。その向こうには大野山や丹沢の山

s-IMG_1656.jpg

ゆっくり万葉の世界を楽しんで公園をぬけました

s-IMG_1657.jpg

あらためて富士山大きく 防人たちも驚いて仰ぎ見たことでしょう

s-IMG_1667.jpg

週末はバスも来ているようですが、足柄みちを地蔵堂へ下ります

s-IMG_1675.jpg

矢倉岳ふもとに再び近づいてきました

s-IMG_1682.jpg

万葉うどん、こんなに美味しかったか カレーや甘酒など寄りみち繰り返していたかな 替え玉もよかったようです 近いうちにまた来たい!

s-IMG_1687.jpg

春めきサクラにご案内して喜んでいただきました 前回も 白い富士山とサクラの3月の時期でした

s-IMG_1564.jpg

じつは集合前、朝バージョンを撮っていました

s-IMG_1567.jpg

去年は早すぎて残念でしたが、また楽しみにきたいですね。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

南高尾山稜 [神奈川 登山]

山歩塾でずばりは初めての南高尾山稜へ。八王子駅集合で9:45発バスに乗車、高尾山口駅でも合流可能としましたが、ちょっとハプニングもあって、なかなかハラハラの集合方式でした。

s-IMG_0822.jpg

高尾山口から20分、八王子から50分!大垂水手前で下りて尾根に取りつき

s-IMG_0826.jpg

大洞山の手前、雪のついた丹沢山-蛭ケ岳がお目見え

s-IMG_0833.jpg

富士山も新雪がつきましたね。映りはよくなかったけど、北岳・間ノ岳も見えました。

s-IMG_0835.jpg

中澤山でご飯を食べて、展望台通過。

s-IMG_0837.jpg

ちょっと引いてみると 右に富士山も入りました 大室山や石老山が前衛です。

s-IMG_0838.jpg
やったね!
s-IMG_0839.jpg
いい天気で最高でした。花粉は?
s-IMG_0840.jpg
ところどころに 新しいベンチができていて ますます歩きやすくなってきています
s-IMG_0846.jpg
三沢峠かな しばらく梅の木平までかなりの距離を示す標識が出ていますが、私たちは峰薬師方面だからそれほど気にしなくてよいのです。
s-IMG_0848.jpg
津久井湖の新しい看板。東京都に遠慮してか、控えめに道のはじに。
s-IMG_0850.jpg
幅広い道に出ました。
s-IMG_0852.jpg
津久井湖がまたきれい。前年11月に、そこまで歩いた城山ダムも見えます。
s-IMG_0857.jpg
峰の薬師。津久井は咢堂の出生地でしたね。どれほどのにぎわいだったのでしょうか。
s-IMG_0859.jpg
人工湖ではありますが、きれいな瞳に見えるようです。
s-IMG_0862.jpg
スミレも咲き始めています。
s-IMG_0870.jpg
中沢あたりから、里道をたどりました。圏央道トンネルの先、その名も死人橋(橋はない)を過ぎて、梅咲く民家。
s-IMG_0871.jpg
畑の先、津久井城山。
s-IMG_0873.jpg
河津? カンピ?
s-IMG_0877.jpg
ゆるい傾斜の登りに。山を下りてきたのにまだ歩くのかしら。
s-IMG_0879.jpg
不穏な雰囲気を感じつつ、さらに。
s-IMG_0880.jpg
飯綱道。かくれシルクロード。
s-IMG_0883.jpg
橋本の街も間近に。
s-IMG_0884.jpg
きれいに手入れされています。川尻八幡宮までと思いましたが、バスが近くから出るようだったので、右に下りて行ってすぐ来た橋本行きバスに乗れました。おつかれさまでした。ご参加いただきましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

湯河原 幕山 [神奈川 登山]

やはりこの時期、湯河原・幕山へ 日本生涯現役さんとは、これでそろそろもう1年のタイアップです。

s-IMG_0705.jpg

JR東海道線・湯河原駅集合。新しくなった!

s-IMG_0707.jpg

バスで梅林へ。

s-IMG_0709.jpg

なかなかいいですねえ。

s-IMG_0711.jpg

しだれ梅も。

s-IMG_0719.jpg

観光の方も多数

makuyama 01.jpg

私たちもしばしぶらぶら

s-IMG_0721.jpg

すこし遅いのかな

s-IMG_0726.jpg

中腹をじりじり横に歩きます

s-IMG_0728.jpg

だんだん人も少なくなりました

s-IMG_0734.jpg

しとどの窟のほうです

s-IMG_0739.jpg

背景がせまっていていいいですね

s-IMG_0743.jpg

中腹のみち おしまい

s-IMG_0744.jpg

川を上に、今回は大石ケ平のほうに さかのぼります

s-IMG_0747.jpg

山神さま この上のあたりもミニハイクできそうです

s-IMG_0749.jpg

険しい前壁です 私たちは時計回りに山道に入ります

s-IMG_0752.jpg

箱根方面へ いつか行ってみましょう

s-IMG_0753.jpg

夜までの雨で少しすべりやすくなってました

s-IMG_0760.jpg

昼どきをまわってしまいましたが 登頂!

s-IMG_0762.jpg

海が見えました

makuyama 1.jpg

今日のお弁当 金目鯛 とても喜んでいただきました


s-IMG_0763.jpg

ロッククライミングもする幕岩

s-IMG_0765.jpg

山上からのビューポイント

s-IMG_0772.jpg

下から上へと 2度おいしい!?

s-IMG_0777.jpg

足元もますます安心なスロープになりました

s-IMG_0782.jpg

またきれいな梅林に入りました

s-IMG_0785.jpg

目の保養

s-IMG_0789.jpg

菜の花も黄色もいいですね

s-IMG_0792.jpg

今年は梅を満喫できました

s-IMG_0796.jpg

立体的な山奥の梅林。ぜひおすすめです。おつかれさまでした。ご参加いただきましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

大磯 鷹取山 [神奈川 登山]

大磯鷹取山 奇妙な話に思われますが、「湘南」鷹取山は横須賀に近いほうに取られてしまったようなので、大磯の山としてご紹介。 

s-IMG_9880.jpg

大磯のハイソな住宅街をぬけて、(前回は城山公園経由でしたが)今回は谷戸観音上の「大玉柿の里コース」からアプローチ。

s-IMG_9881.jpg

とちゅう、いいベンチいすがあったので、誰もいなかったので周りにどことなく声をかけて休ませてもらいました。

s-IMG_9885.jpg

のびやかな水田・畑だったみちを上がります。

s-IMG_9887.jpg

地形図では軽トラックが走れそうな実線でしたが、しだいに細くなって少しヤブも分けて尾根を越しました。

s-IMG_9890.jpg

美しい里山の眺め。昨今は太陽光パネルスペースが広がっているので(だいたいあんな高い買いもの、この先もお金になるのかしら)、安心します。

s-IMG_9891.jpg

丹沢遠望。手前の建物は青学大のセミナーハウス「さゆり寮」のようですが今でもそうかは不明です。

s-IMG_9894.jpg

おお、かろうじてハイキングコースとわかるものが立っています。

s-IMG_9895.jpg

めざす鷹取山が見えてきました。

s-IMG_9896.jpg

大山遠望

s-IMG_9898.jpg

今日は富士山が!(ほこりが・・・)

s-IMG_9900.jpg

いい道

s-IMG_9907.jpg

めじるしの道祖神 このあたりは大山近くへ通じる粕屋街道という古道だそうです。

s-IMG_9908.jpg

やっと取付き点・登山口 ふつう月京というところまで来るとてごろです。

s-IMG_9909.jpg

小田急線パンフに紹介されたこともある竹林

s-IMG_9912.jpg

そして自慢の常緑広葉樹林

s-IMG_9913.jpg

タブノキ

s-IMG_9914.jpg

どれがタブノキか尋ねられれば どれもタブノキ

s-IMG_9918.jpg

神社さんのところにベンチいすあり。ランチにしました。

s-IMG_9920.jpg

北側に歩き出します。

s-IMG_9922.jpg

すこし出ると平塚市です。

s-IMG_9923.jpg

日ノ宮神社。吉沢(きっさわ)の集落が建てたものです。こちらで日の出を遥拝したのでしょうか。

s-IMG_9926.jpg

意外に長い山道を下山中。

s-IMG_9927.jpg

すばらしい展望所がありました。

s-IMG_9931 2.jpg

にっこにこ

s-IMG_9934.jpg

しばし休憩

s-IMG_9935.jpg

三ノ塔

s-IMG_9936.jpg

大山

s-IMG_9942.jpg

さらに下山

s-IMG_9943.jpg

いい道です。

s-IMG_9944.jpg

滝があるのです。平塚唯一?

s-IMG_9945.jpg

低い山におどろきですが、地元の方々には恵みの水をもたらせてくれるところでしたでしょう。

s-IMG_9947.jpg

奥からは観音さまがおがめます

s-IMG_9950.jpg

貯水池・白梅を見ながら下って。

s-IMG_9953.jpg

松岩寺のバス停で始発バスに乗車、

s-IMG_9954.jpg

仕上げにこちらに参りました。お寺が多くていつしか 寺坂と呼ばれるようになりました。

s-IMG_9958.jpg

こちらのお薬師さん。元国宝でもあった地元の宝。幾多の災難を越えて、今も拝観できるのです。

王福寺の薬師如来坐像.jpg

撮影禁止でしたので ネット(絵葉書)から引用

王福寺の薬師如来坐像2.jpg

正面写真では仏頂面ですが、下から拝見するとスマイルされてます。戦国時代には周りの寺はみな焼かれ、とくに先の戦中にはたった2人で、戦火から避難して今私たちの目の前にいらっしゃるのです。少なからずの感動がありました。

s-IMG_9964.jpg

ご住職がていねいにお話しをしてくださいました。s-IMG_9966.jpg

神縄というところまで歩いて平塚行きバスに乗車して終えました。先日歩いた金目川を渡ります。地元のひいき目に見てもこのあたりはやはりいいですね。次回は3月に「中井大山道」があります。おつかれさまでした。ご参加いただきましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

鍋割山 山ガールネットさん [神奈川 登山]

2月2回目の鍋割山 今回は・・・

s-IMG_9841.jpg

晴れてよかった!

s-IMG_9842.jpg

しかもスーパー添乗員・倉持さんのサポートあり (もう山頂近く)

s-IMG_9843.jpg

今日はあちら・小丸まで足をのばします。

s-IMG_9844.jpg

大倉尾根の向こうに三ノ塔や大山が見えますね。

s-IMG_9846.jpg

こちらはなかなか名前が出てこない同角沢ノ頭(認知症かしら)

s-IMG_9847.jpg

ガールのみなさん ほかグループさんと譲り合い中

s-IMG_9848.jpg

ちょっと足元がゆるいですね 1300m近くまで上がるから 例年のこともあるし いちおうアイゼンを持ってきてもらいましたが・・・

s-IMG_9854.jpg
到着 ザックは外にデポ
s-IMG_9853.jpg
残雪!

s-IMG_9849.jpg

今日も熱い・美味しい鍋焼きうどん(おじさんは70歳だって もう40年くらいやっていらっしゃるんだか)

s-IMG_9850.jpg

なんか登頂写真がないけど 倉持さんが取ってくれたんだか

s-IMG_9851.jpg

富士山だけ 今日も見えない

s-IMG_9852.jpg

ほかは聖からずらり北岳まで見えたのです

s-IMG_9857.jpg

右から丹沢山ー不動峰ー蛭ケ岳

s-IMG_9860.jpg

雪はなさそう

s-IMG_9864.jpg

他のグループは素通りだし、どうしてか? ここらで迷っていたら奥山に行けない(小丸尾根でコマルのか)・・・うむ、でもだからガイドが仕事で成り立つのかしら。

s-IMG_9867.jpg

鍋割山稜の裏メニュー 小丸(尾根入口)から秦野盆地・相模湾への展望

s-IMG_9866.jpg

大山の通信塔、烏尾山の小屋が見える


s-IMG_9869.jpg

いいわねえー

s-IMG_9873.jpg

下り口こそ急で滑りやすいけど、下部2/3はむしろ整備され過ぎているくらい。快調に下山。タクシーさんには「予定より早く下りてきた(グループ)のは初めて」と驚かれるほど。お時間ある方で駅前の食堂でまた打ち上げました。おつかれさまでした。ご参加いただきましてありがとうございました。(お知らせしていないのでご覧になることはないでしょうが)今後ともガールネット・ツアー会社(トラベルギャラリー)ともどもよろしくお願いいたします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

鍋割山 スノーハイク [神奈川 登山]

久しぶりのツアー受託、前日の大雪報道で当初よりメンバーは半減、ハプニングに見舞われて1時間遅れ出発ながら、楽しく行ってきました。

s-IMG_9481.jpg

タクシー利用で林道歩き短縮。いいアイデアでしょとタクシーさんに行ったら「クラ〇ーさんもやってますよ」とのこと(^^;。

s-IMG_9483.jpg

悪天は去りましたが、寒々しさはそのまま。アイゼンも持ってきているし、それならたくさん降ってしまえ~

s-IMG_9484.jpg

後山乗越から栗の木洞

s-IMG_9487.jpg

1000mほどで  おっ、雪道。例年は800m上では10cm以上はあるのですが 今年は・・・。

s-IMG_9489.jpg

霧氷とまでいえないけど、なかなかいい見栄え。

s-IMG_9500.jpg

きれいなブナ林

s-IMG_9491.jpg

アイゼンを使うほどでないけど、スノーハイクらしくなりました。

s-IMG_9492.jpg

鍋割山荘到着、楽しい うどん待ちタイム

s-IMG_9496.jpg

鍋焼きうどん! こういう寒い日に屋根の下でいただけてありがたい。うどんの湯気と身体からの汗が蒸発するのとまじって不思議なシーンでした。おじさんは「毛髪が少ないからよけいに上がる!?」と。

s-IMG_9498.jpg

一期一会の山頂写真  ツアーらしからぬ少人数 実施した会社さんをぜひよろしくです。

s-IMG_9499.jpg

往路を戻る 今日のような冷え冷えのときには最良です。

s-IMG_9500.jpg

下りは少し溶けていたかな。

s-IMG_9502.jpg

県民の森駐車場 15:45着。ほぼ予定どおりに。寒いときにありがちな快速ペース。それにしても おじさんはずっとお話を続けていらっしゃるタフな方でした。遠方の方もいらしたので、地のものや地酒をいただける「いろは食堂」におさそいして打ち上げ・しめました。おつかれさまでした。ご参加いただきましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 神奈川 登山 ブログトップ