So-net無料ブログ作成

三渓園-本牧山 [神奈川 ウォーク]

三渓園から本牧山を越えて横浜港へ。望年会が定員となってしまいましたので2次会も含みながら、2018年最後の山歩塾プランをお楽しみいただきました。

s-IMG_6348.jpg

根岸駅から味気ない車道を歩きますが、庭園の前にはむかしの姿であろう並木道

s-IMG_6350.jpg

この段差。懸崖。

s-IMG_6354.jpg

原田さん(右)もご自宅から自転車で遊びに来てくださいました。

s-IMG_6356.jpg

とりあえずお弁当。

s-IMG_6363.jpg

カツコさんも合流して園内散策へ。

s-IMG_6364.jpg

まだまだきれいですね。

s-IMG_6373.jpg

この谷奥なんかよさそう

s-IMG_6384.jpg

ほぼ完ぺき

s-IMG_6412.jpg

年越しそうな長さ

s-IMG_6379.jpg

「やはり今日も登るのね」

s-IMG_6375.jpg

例年の見ごろの時期は過ぎているようでしたが

s-IMG_6377.jpg

紅葉よかったです 

?

s-IMG_6419.jpg

岐阜出身の原三渓氏が調達した「合掌造り」

s-IMG_6415.jpg

見どころ多かったです

s-IMG_6431.jpg

五重塔山にも上がって長めに滞在。ご結婚の撮影複数あり。お2人に幸多かれ!

s-IMG_6439.jpg

さて本牧へ。

s-IMG_6440.jpg

「かながわ100座」に入れようかとも思ったくらいでした。

s-IMG_6452.jpg

ベイブリッジを背景に山頂で写真。好きなアングル。

s-IMG_6465.jpg

マイカル本牧から「ワシン坂」を上がって港の見える丘公園へワシン坂はワシントン?「和親条約」?

s-IMG_6468.jpg

さらに山下公園へ。地元の会員さんには思いつかないようなロングコースだそうです[あせあせ(飛び散る汗)] 

s-IMG_6471.jpg

マリンタワーが近づいてきました。

s-IMG_6476.jpg

首都高をくぐって港へ。

s-IMG_6479.jpg

いつか泊まりたいニューグランド

s-IMG_6480.jpg

いつか遊びたい氷川丸 

s-IMG_6485.jpg

今年5月の麻布でも会った きみちゃん 靴をもっと赤く塗ってあげればいいのに それとも剥げてしまったのかな

s-IMG_6487.jpg

かけ足でしたが、打ち上げ場所の関内・ワインバーへ おつかれさまでした。

s-IMG_6488.jpg

やっほー 2時間飲み放題!! 食事はピザや生ハムサラダ お兄さんも、

s-IMG_6490.jpg

お姉さんも チーズをこすって景気づけてくれます

s-IMG_6492.jpg

美味しいワインとピザ・ハムでみっちり(?)打ち上げました。この1年、ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

高尾山 ダイヤモンド富士 [関東甲信越 登山]

高尾山 昼過ぎ集合。

ケーブルで上がったところの展望茶屋に入り、

s-IMG_6294.jpg

混んでいましたが、窓際の席が空いて、絶景を見ながらごちそう待ち。

s-IMG_6293.jpg

とろろ蕎麦で腹ごしらえ。けっこう美味しい!

s-IMG_6299.jpg

表参道を小一時間歩きます。

s-IMG_6300.jpg

いいですね。

s-IMG_6301.jpg

烏天狗 こんなにゆっくり歩くのも初めてかもしれない

s-IMG_6303.jpg

年賀の準備(そういえば下の駐車場でも)

s-IMG_6306.jpg

絵になりますね。i wish i took foreign cliants here this year.

s-IMG_6309.jpg

台風 猛暑 遭難。。。いろいろありました 

s-IMG_6312.jpg

美しい丹沢の稜線

s-IMG_6313.jpg

もみじ台で時間をつぶしていましたが、いいころになったので山頂へ。人が多い!

s-IMG_6340.jpg

びみょうに雲が残ったものの、快晴で冬至近くのきれいな日没ショータイムを観賞しました。

20181219.jpg

こちらはビジターセンターのですが、1日ずれているかしら。でも、21-22日の週末は雲で見れなかったようなのでラッキーといえましょう。


ダイヤモンド富士は一年中、どこかで見えるわけですが、高尾山は冬至の時期のみ。寒川神社さんの例もみると、古代からの祭祀から続く特別な時間・場所と思われます。一年の山での安全を感謝して、毎年とはいきませんがここを訪れるのです。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

刈寄山-今熊山 [関東甲信越 登山]

武蔵五日市駅より広徳寺に出て歩き出し。ある方のリクエストでチョー久しぶりにですが、ある方はいらっしゃれず・・・

s-DSC_0226.jpg

イチョウはさすがに散ってしまっていましたが、見たところ台風被害なさそう。ほっ。

s-DSC_0230.jpg

林道は、かつて心配していたトラックの往来はなくなっていました。心細い沢みちから入山。

s-DSC_0231.jpg

尾根どおしに昼ごろ登頂。思ったよりすっきりきれいな山頂。ハセツネさんのおかげ!?

s-DSC_0232.jpg

おー富士山。新雪がついたのだったか。

s-DSC_0233.jpg

やっと秋冬のいい天気になってきました

s-DSC_0235.jpg

関東平野にも展望が広がります。

s-DSC_0236.jpg

さて今熊山へ尾根を伝います。

s-DSC_0237.jpg

以前、①トッキリ-市道山(-醍醐丸)と ②臼杵山-グミ尾根を合わせて、山歩塾・戸倉三山登頂達成です。

s-DSC_0238_HORIZON.jpg

左側・西の方には御前山や大岳山が見えて気持ちいいのですが、左側からの採石場の騒音がかなりひどくて滅入りました。

s-DSC_0239.jpg

今熊山登頂! 騒音を避けるには平日は遠慮したほうがいいのかな!?

s-DSC_0240.jpg

さて金剛滝へ下山します。

s-DSC_0241.jpg

金剛滝 直前に岩のくりぬきを通過して面白いです。

s-DSC_0242.jpg

ナイスショット!のはずですが、今回も(倉岳に続いて)カメラを忘れてしまいました。スマホのレンズも傷でぼやけてしまいすみません[あせあせ(飛び散る汗)]

s-DSC_0243_HORIZON.jpg

広徳寺に戻りました。五日市の街方面にいい眺めです。下山後は五日市郷土資料館にて維新150年記念展示(これぞ自由民権運動の結晶!)五日市憲法の草案資料を堪能しました。いちおう法学部卒だったのです。「絹の道」に遠からずあったこの地では、横浜からの情報がいち早くはいって先進的な考え方が発展していたのだそうです。


今年の大河ドラマ「西郷どん」の維新後の拙い展開に辟易して Youtubeでアップされていた「獅子の時代」(最高傑作!)を2回ほど見返して歴史ストーリも堪能していたのですが、自由民権運動の説明のナレーションのみですが触れられます。お二人も展示を楽しまれたようでうれしかったです。 


ハイキングは、快晴で富士山をはじめ周囲の展望を楽しめましてよかったですが、12月はご参加者は減ってしまう時期・・・ちょっともったいないようないい山歩きでした。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。


nice!(0)  コメント(0) 

小石川・望年会 [関東甲信越 ウォーク]

年末の会の恒例 忘年会 今年は小石川へ

s-IMG_6225.jpg

まだまだ紅葉きれいでした

s-IMG_6219.jpg

刺激的だったのが、これがニュートンのりんごの木

s-IMG_6222.jpg

こちらはメンデル(の法則)のブドウの木 ちょっと感動します

s-IMG_6223.jpg

散策が続きます。

s-IMG_6226.jpg

思っていた以上に見どころ多く。

s-IMG_6227.jpg

楽しい散策が続きます。

s-IMG_6234.jpg

スズカケの木やユリノキ

s-IMG_6243.jpg

左の「先生」も同伴してくださって、ヤマブドウなどをポケットから出してごちそうしてくださいました。

s-IMG_6249.jpg

小山に上がって休むと、眼下に庭園が。

s-IMG_6255.jpg

下りていってみると、

s-IMG_6258.jpg

東大にあった建物を移設したのでした。

s-IMG_6262.jpg

記念写真ぱちり

s-IMG_6264.jpg

春などもきっときれいでしょうね。

s-IMG_6270.jpg

とても空いていましたが、外国の方もいらっしゃいました。

s-IMG_6279.jpg

メタセコイアも

s-IMG_6282.jpg

やっと周回しました

s-IMG_6284.jpg

後楽園はパスに。

s-IMG_6287 3.jpg

神楽坂界隈に出て雰囲気ある肴や割烹を貸切にて会食、お料理はみごとなものでした。

s-IMG_6291.jpg

女将さんが撮ってくださいました。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

鶴ケ鳥屋山 [関東甲信越 登山]

中央高速を走っているととても目立つ尖峰。なかなか登ることがありませんでした。当初の予定は雨天で延期して人数も減ってしまいましたが実施。大月駅からタクシーで登山口へ。

s-IMG_6160.jpg

しばらく沢すじを歩いた後、尾根に取付いてぐいぐい登り、後ろの扇山がせり上がります

s-IMG_6161.jpg

初狩駅への分岐。全体的には人跡うすいです。

s-IMG_6165.jpg

林道からはさらに急登。林道はしばらく先で崩落があったらしいけれども。このあたりまでは車で来ることも可能(ただし下りはさらにきついと思われます)

s-IMG_6166.jpg

頂上手前。ここからは岩場もあってなかなかの急登でした(ロープを出すべきだったか)。山梨百名山や秀麗富嶽12に漏れてしまっている!?のも致し方ないのかもしれません。安易にはおすすめできないでしょう。

s-IMG_6174.jpg

登頂、富士山が近い! 手前は三つ峠の稜線。北風が抜けて寒かったです。

s-IMG_6176.jpg

ともにベテラン、ご健闘のお二人。

s-IMG_6183.jpg

三つ峠が指呼の間、本社ケ丸から尾根筋に行けそうですが遠いかな。

s-IMG_6188.jpg

台風の惨禍。

s-IMG_6201.jpg

惨禍2

s-IMG_6198.jpg

笹子駅への林道はライトを付ければよいと、本社ケ丸に抜けることも考えてみましたが、陽の短い時期ではと自重しました。

s-IMG_6203.jpg

笹子の谷向こう、平らに見えますが、あの尖峰の滝子山です

s-IMG_6207.jpg

下りの急斜面もかなり警戒していましたが、道が着け代わったこともあってか、なんなく下山。沢すじと林道を継いで歩いて中央線に出ます。

s-IMG_6211.jpg

笹子駅。惜しむべきは電車に時間がちょうどよくて、笹一酒造に寄らなかったことです[あせあせ(飛び散る汗)]

s-IMG_6216.jpg

今回はこの美味しい峠越えモチでよしとしましょう。笹子駅までの下山ルートが思ったより易しい尾根道コースで助かりました。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

新宿おとめ山 [関東甲信越 ウォーク]

新宿おとめ山 久しぶりの都内ウォーク

s-IMG_6013.jpg

雑司ヶ谷のイチョウなど寄り道

s-IMG_6014.jpg

いきなり強烈

s-IMG_6017.jpg

こちらはメインにしてもいいくらい

s-IMG_6028.jpg

近衛旧宅界隈・落合へ

s-IMG_6034.jpg

好ましいたたずまいです

s-IMG_6041.jpg

紅葉もまたよし

s-IMG_6046.jpg

落合秘境の山手

s-IMG_6049.jpg

公園では説明の方々が親切にお話ししてくださいました

s-IMG_6057.jpg

その他にもハケの清水のようなところあり

s-IMG_6062.jpg

病院のレリーフきれい

s-IMG_6065.jpg

住宅も上品

s-IMG_6068.jpg

霞坂だったか

s-IMG_6071.jpg

庶民的な中井まで下りて 川沿いのカフェへ 

s-IMG_6070.jpg

かわいい店内

s-IMG_6072.jpg
手作り感あり美味しいランチ
s-IMG_6082.jpg
林芙美子旧宅へ
s-IMG_6074.jpg
庭の紅葉がとてもよく、説明の方もついてくださって見学を楽しめました。

s-IMG_6076.jpg

ご主人が平成まで暮らしていたので残ったのだとか

s-IMG_6077.jpg

s-IMG_6079.jpg

s-IMG_6090.jpg

「放浪記」を読まねば!

s-IMG_6100.jpg

さらに川沿いを哲学堂へ

s-IMG_6102.jpg

登り、ありました

s-IMG_6104.jpg

さらに中野に向かいます

s-IMG_6110.jpg

レトロ

s-IMG_6111.jpg

レトロ

s-IMG_6114.jpg

新井薬師の下町まで歩きました。

s-IMG_6113.jpg

大きな桜

s-IMG_6119.jpg

中野は人が多い! けっこう歩きました おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。

s-IMG_6121.jpg

メーテル

s-IMG_6131.jpg

大学の友人と卒業以来で会います

s-IMG_6136.jpg

思い出横丁

s-IMG_6137.jpg

ここではない、静かなところで飲みました。

nice!(0)  コメント(0) 

倉岳山 [関東甲信越 登山]

倉岳山  鳥沢駅から桂川を渡って古い峠道を穴路峠へ。カメラを忘れてしまってすみません。s-IMG_20181205 3.jpg

沢すじは多少台風で荒れていました。

s-IMG_20181205 11.jpg

峠の手前でぐいぐい高度を上げます。

s-IMG_20181205 12.jpg

ばんざい!

s-IMG_20181205.jpg

頂上からは富嶽こそ見えませんでしたが、ほぼ四方へ大展望が眺められました。

s-IMG_20181205 2.jpg

8年ぶりくらいに来たのでした。なかなか登りがいがありますので今回は高畑山は外して、こちらに集中したのです。高度感があって、展望もいいですね。巨樹に見送られながら夕暮れの梁川へ。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。


nice!(0)  コメント(0) 

御殿場D&W

御殿場へ

s-IMG_5875.jpg

富士山に雲がまとわりついて天候変わりそう

s-IMG_5880.jpg

すばらしい紅葉が残っていました

s-IMG_5885.jpg

黒澤明監督お気に入りのロケ地にして赤毛のアン制作決意の地である二岡神社参拝のあと、

s-IMG_5896.jpg

雰囲気ありますね 映画などでお心当たりあるかたいらっしゃいますか?

s-IMG_5899.jpg

秩父宮記念公園では殿下の往時のお住まいや戦時中の防空壕を静かに拝見できました。

s-IMG_5907.jpg

s-IMG_5909.jpg

s-IMG_5911.jpg

s-IMG_5912.jpg

s-IMG_5915.jpg

s-IMG_5919.jpg

s-IMG_5923.jpg

s-IMG_5931.jpg

s-IMG_5935.jpg

s-IMG_5936.jpg

ここの枝垂桜はよさそう

s-IMG_5937.jpg

s-IMG_5943.jpg

s-IMG_5945.jpg

s-IMG_5946.jpg

s-IMG_5958.jpg

展望レストランへ

s-IMG_5959.jpg

富士山方面 雲が北上中

s-IMG_5960.jpg

唐揚げ丼

s-IMG_5971.jpg

「散歩みち」をゆったり下りました。

s-IMG_5971.jpg

s-IMG_5972.jpg

とらやが定休日で残念

s-IMG_5976.jpg

二岡ハムはマダムらでにぎわっていました スモーク牛タンを買って帰りましたがとても美味しかったです。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

大野山 アウトドアフェスタ [神奈川 登山]

大野山アウトドアフェスタ  かながわ山岳ガイド協会が主催しています 800名さま近くご参加いただいたようです。私たちガイドめいめいも小グループをご案内させていただきました。

s-IMG_5759.jpg

谷峨駅から、仲間のガイドと他でご応募いただいた方々と大グループに。

s-IMG_5773.jpg

紅葉よし

s-IMG_5778.jpg

これから山道

s-IMG_5780.jpg

私は中間をサポート ついていくのは楽だなあ~

s-IMG_5782.jpg

他にも多くの人たちが上がります

s-IMG_5787.jpg

まだまだ紅い

s-IMG_5790.jpg

s-IMG_5791.jpg

s-IMG_5793.jpg

s-IMG_5798.jpg

s-IMG_5799.jpg

頼朝ザクラ

s-IMG_5815.jpg

s-IMG_5818.jpg

静岡方面

s-IMG_5822.jpg

s-IMG_201812 3.jpg

自慢の富士山は雲の中でしたが、北の方に丹沢のパノラマが広がります。ご参加者の高橋氏の画像をお借りしました。

s-IMG_5829.jpg

800名さま近くご参加いただいたようです。当たるかなあー

s-IMG_5832.jpg

抽選結果省略・・・さあ下山

s-IMG_5836.jpg

チェーンソーアートも開催中

s-IMG_5835.jpg

s-IMG_5839.jpg

今回ご参加の皆さま 真ん中が竹川ガイド

s-IMG_5842.jpg

s-IMG_5848.jpg

s-IMG_5856.jpg

s-IMG_5861.jpg

自然薯売りにつかまってしまった!

s-IMG_5864.jpg

まだこれから紅くなるの?

s-IMG_5867.jpg

御殿場線駅にゴール その前に新松田駅のバスが通りかかり流れ解散も。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。紅葉がよく色づいていて、何度も歩いているコースですが新鮮な発見でした。

s-IMG_20181202.jpg

鶴巻温泉の新しい寿司居酒屋で反省会。ガイドも楽しませていただきました。

nice!(0)  コメント(0)