So-net無料ブログ作成

丹沢 松田山 [神奈川 登山]

丹沢 松田山は河津桜で有名ですが、その場所は山としては中腹よりも下目・3合目くらいのところです。山歩塾ではだいたい山の背面・田代から歩きます。近年、松田町もハイキングコースを整備してくださっています。

s-IMG_1711.jpg

むかしの峠みちのようなトレイルをしばらく歩くと、切り開かれた展望所に出ます。クヌギ山の向こうに鍋割=塔ノ岳が見晴らせます。

s-IMG_1715.jpg

雨のせいでしょう。ところどころ道幅がせまくなっていました。

s-IMG_1719.jpg

登った後に一回沢すじに下りて登り返すところもありますが、「のんびり」にグレードしていますが気持ち的にはちょっときついです。

s-IMG_1728.jpg

屋根とベンチがあるところではすでに先客あり。私たちも富士山がよく見えるところで軽い前弁当をいただいていて再出発。最高所を経て広々とした山頂を西に向かいます。

s-IMG_1729.jpg

たくさんの人たちが登ってきました。どうも豊橋から観光バス1台でのりつけて歩いているみたいです。富士山をいつもと反対方向から、大きく見るのは格別でしたでしょう。

s-IMG_1730.jpg

箱根の山々も近く見えてきました。

s-IMG_1736.jpg

最明寺旧跡に到着して、多くあるテーブルイスで昼食。トイレもあります。4月中旬に花々が最盛期となります。

s-IMG_1744.jpg

そして農道や山道をたどって、いよいよ公園に。

s-IMG_1749.jpg

紅い紅い

s-IMG_1755.jpg

菜の花の黄色もまたよし。

s-IMG_1756.jpg

ハーブガーデンではさすがに眺めもよく満開の河津桜が迎えてくれました。

s-IMG_1772.jpg

平日でしたが たくさんの人たちが訪れていました。やはりこの1週間くらいが見ごろ盛りのようでした。私たちはモノトーンの景色からの移動で目がパチクリとしました。酒蔵によりながら新松田駅まで歩きました。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

大島=砂町銀座ウォーク [関東甲信越 ウォーク]

東大島集合。

s-IMG_1640.jpg

荒川の流れや大きな水門、寒いような出だしでしたが、歩き始めればだいじょうぶ。

s-IMG_1641.jpg

この閘の字は知らなかった!「こうもん」で調べると4番目 後門の虎よりも前でした

s-IMG_1653.jpg

こちらは新しい門ですね 2つ作って水位の違いで移動を妨げないようにするのです

s-IMG_1659.jpg

マンション横にきれいなサクラ

s-IMG_1664.jpg

江東区最古の古民家を見て、今日のメインへ。

s-IMG_1665.jpg

八百屋だって何軒もありますし、月曜日なのににぎわっていて驚きました。皆さんの眼光が光ります。

s-IMG_1671.jpg

この幅もいいんですよね、きっと。アサリご飯がおいしいところで買い出しもしました。

s-IMG_1677.jpg

一番人気のお寿司屋さんで昼食 いやいや1-2月はたくさんの美味しい寿司を楽しめました。

s-IMG_1682.jpg

聞きしにまさる賑わいと充実ぶりにおみやげでザックがいっぱいで早くも手ふさがり、砂町銀座 、おそれいりました。

s-IMG_1685.jpg

後は仙台堀川・横十間川から東陽町を

s-IMG_1691.jpg

Yさんが下宿していて、かつそのむかし遊郭のあったという洲崎をぶらぶらして

s-IMG_1694.jpg

洲崎神社まで歩きました。何か大きなロケの準備をしていました。

s-IMG_1695.jpg

ちょっと早い時間にでしたが木場でお開きとなりました。平面を歩いてアップダウンがないと、早く進んでしまいます。

s-IMG_1698.jpg

モンベル協賛店で、親近感がわきましたが、時すでにおそし。もうお茶をしたあとでした。

s-IMG_1704.jpg

むかしの会社のときによく飲み歩いた、門前仲町まで歩きました。あと1時間くらいすると魚三も開くのですが、そういうプライベート・ウォークとかやろうかな。

nice!(0)  コメント(0) 

塔ノ岳=丹沢山 [神奈川 登山]

冬の塔ノ岳へ。

s-IMG_1391.jpg

どれどれうわさによると、そしてうわさどおり

s-IMG_1392.jpg

大倉高原山の家 おしまーい 水も出てないし・・・[涙]

s-IMG_1398.jpg

?大倉尾根の登りはきつくて汗もかかされましたが、

s-IMG_1403.jpg

花立のあたりでやはり寒い 下りてくる人は「ダイヤモンド富士かい 昨日はだめだったよ」とのこと

s-IMG_1404.jpg

金冷やし 冷え冷え

s-IMG_1408.jpg

やっとついた うん、暖かくして だめもとモード

s-IMG_1417.jpg

夕暮れどき いちだんと寒いのにカメラマンはえらいなあー

s-IMG_1419.jpg

まあ大山もきれいだし

s-IMG_1436.jpg

えっ もしやもしや もしかすると

s-IMG_1449.jpg

その瞬間にどんどん雲が消えて あら見えちゃいましたね

s-IMG_1472.jpg

さすが カメラマンたちの執念・引きが強いのか

s-IMG_1482.jpg

暮れてからもいいんですよね 本日2/23奇しくもv「富士山の日」でした。

s-IMG_1488.jpg

夕食後、夜景もお楽しみ

s-IMG_1502.jpg

そして翌朝 またショーのはじまり

s-IMG_1510.jpg

大山の向こうから日の出

s-IMG_1519.jpg

富士山が焼けてきて めでたし

s-IMG_1526.jpg

カメラマンさんたちは富士山に集中でしたが、こちらでは第2ラウンド 

s-IMG_1533.jpg

へんな雲が越していきながら、こんなのや

s-IMG_1542.jpg

こんなのが見えました

s-IMG_1562.jpg

さて丹沢山に散歩してきます。s-IMG_1556.jpg

雲に巻かれていてしまいましたが 無事登頂s-IMG_1569.jpg

天候回復傾向に 塔ノ岳に帰って少しお腹にいれたら 鍋割山方面へ。檜洞丸遠望

s-IMG_1570.jpg

蛭ケ岳を近望

s-IMG_1574.jpg

大丸を越えます

s-IMG_1577.jpg

鍋割山の手前、今日はここの小丸尾根を下りることにします 尊仏山荘の宮川さんいわく「素朴でいい尾根だよ」 じつは土曜日でたくさんの人が大倉尾根を上がって来ていたのですれ違いを嫌気したのです。s-IMG_1581.jpg

三ノ塔と大山が見えます、出だしがゆるくて、長い大倉尾根よりも林道歩きの分ちょっと距離はあります。久しぶりだなあ。以前は800mほどのところでヒルにつかれましたがまだ大丈夫でしょう。

s-IMG_1588.jpg

もう河原でちょい洗い。下部が伐採作業で林道などきれいになっていました。ヒルも退散したかしら。鍋割・後山乗越方面からたくさんの登山者が合流しました。

s-IMG_1591.jpg

さか間さんで 蕎麦打ち上げ。よく歩きました。おつかれさまでした。今回のような積雪量・硬さではアイゼンよりはスパイクのほうが有効のようでした。またぜひ絶景を見にまいりましょう。ご参加いただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

三浦スゴロク⑤ 三浦海岸

三浦海岸駅は桜まつり。寒くかったからか少人数になってしまいました。s-IMG_1303.jpg

河津桜が満開です。

s-IMG_1315.jpg

京急線沿い 菜の花と合いますね

s-IMG_1324.jpg

いい笑顔 パチリ

s-IMG_1327.jpg

小松ヶ池

s-IMG_1330.jpg

ふだんは静かなところなのでしょうが にぎわっています

s-IMG_1337.jpg

この日は金曜日、その週末が満開のようです。日本人より大喜びの外国人の方にほうが目立っていました。

s-IMG_1344.jpg

三崎口駅に出てバスに乗ります。

畑をたどって三浦市最高峰の岩堂山に上がって軽くおなかに入れました。あたりからの眺めは半島や海に広大で伊豆大島などが見えました。

s-IMG_1368.jpg

下りは広い尾根道から谷戸の細い道に下ってそのまま江奈湾へ。

s-IMG_1372.jpg

それから海ぎわを湾曲してわずかで松輪へ。

s-IMG_1382.jpg

漁協レストランにて、

s-IMG_1384.jpg

最近ではいちばん奮発して、豪華な新鮮海鮮を楽しみました。おつかれさまでした。。ご参加いただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

八丈島 [関東甲信越 登山]

お昼の羽田からの便で八丈島へ 

s-IMG_1176.jpg

到着後、荷物をホテルの車に預けて八丈富士へ 1300段の階段にかまえていましたが 手すりのあるスロープが横に作られていました なーんだ 

s-IMG_1182.jpg

タクシーに送ってもらったところからとはいえ ぐいぐい高度を上げます 飛行機を降りてからでは最速の山歩きではないでしょうか


s-IMG_1188.jpg

さて、お鉢めぐりに入るとたいへんな強風でスリルを味わされました。窪地と洞穴があって休憩しました。

s-IMG_1190.jpg

この前になんとウェディング写真を撮りに来ていたグループに遭いました。新婦さんが震えていました。

s-IMG_1191.jpg

火口丘が独特です。少し歩けるようですが道は険しそうです。

s-IMG_1196.jpg

何はともあれ、スリルを味わえました。緯度が福岡・長崎くらいとはいえ、2週間前には雪も降っていたとか。冬装備でよかった!

s-IMG_1200.jpg

陽が傾いてきました。下山します。

s-IMG_1201.jpg

泊りはツインベッド宿泊のリゾートホテルで、お料理もおいしかったです。これは赤サバというのだそうです。島寿司もいただきました。

s-IMG_1204.jpg

夜明け。暖かくなるといいな。

s-IMG_1210.jpg

海ぎわから歩き出して三原山を登ります。

s-IMG_1213.jpg

花屋さんに人気の熱帯は主力の出荷物なんだそうです

s-IMG_1215.jpg

こういうの面白い

s-IMG_1220.jpg

さて、長い舗装路をNTT電波塔まで歩いてやっと山道に入りましたが、階段・・・

s-IMG_1223.jpg

八丈小島 都に許可を得て、船で送ってもらうのだそうです

s-IMG_1233.jpg

さあ、山頂をとらえました

s-IMG_1236.jpg

富士よりも古く お鉢も広大です 南側には温泉も出ています

s-IMG_1239.jpg

頂上でお昼をいただき、古いハイキングコースへ ほんの少し前に24本あったコースは今ではたった3本に。この中の郷への古い道も険しくなっていました。

s-IMG_1249.jpg

迎えに来ていただいて、あとは地元のガイドキクチ(右から2番目)さんに 「ヘゴの森」を案内していただきます。

s-IMG_1254.jpg

「ジュラ紀の世界」をお楽しみくださいとのことです。

s-IMG_1257.jpg

ほう

s-IMG_1264.jpg

ほほう!

s-IMG_1271.jpg

上からも眺めました

s-IMG_1280.jpg

深い森でした 開発ですっかり少なくなってしまって、このような私有地で守られたところしか残っていないのだそうです。皆さんにもとても好評でした。ありがとうございました。

s-IMG_1272.jpg

がヘゴの森にて恐竜世界もかいま見れました。ありがとうございました。よく歩きました。

s-IMG_1276.jpg

痛そう。害獣の少ない島では、トゲのある植物は少ないらしいのですが。

s-IMG_1291.jpg

上にも、下へにも。

s-IMG_1297.jpg

粗削りで雄大な自然にワクワクして思ったよりもハードな行程となってしまい、ほとんど観光ができませんでした^^; 羽田から45分、また参ることにしましょう。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

曽我丘陵 横断編 [神奈川 登山]

曽我丘陵、今回は東から西へまたいで歩いてみました。

s-IMG_1078.jpg

私は秦野駅からバスで二宮へ 集合前に散歩 飲み屋街かな

s-IMG_1082.jpg

二宮白髭神社からゆるくてのんびりした里山道を歩き

s-IMG_1084.jpg

福泉寺かな いいところかと思っていたら農家の奥さんにそうでないようなことを言われて、なかなかたいへんだなと思いながら沼代集落をぬけました

s-IMG_1088.jpg

千代の松あと?より 大山の方へ広がる景色 

s-IMG_1089.jpg

この鳥瞰図は、あとで行った曽我山下の見晴台にあるものとそっくりです 古いハイキングコースが通じていたものと思われます

s-IMG_1099.jpg

林道を離れて山道に入り、

s-IMG_1102.jpg

最後は多少のヤブ漕ぎで三角点のある高山に登頂。

s-IMG_1106.jpg

ヒメオドリコソウ

s-IMG_1113.jpg

そして梅の登場

s-IMG_1121.jpg

富士山こそ見えませんが いい眺めです

s-IMG_1127.jpg

矢倉岳方面

s-IMG_1130.jpg

小田原・箱根方面

s-IMG_1141.jpg

別所梅林の中心に来ました お昼にします

s-IMG_1143.jpg

おみやげやさんもいっぱい

s-IMG_1146.jpg

梅もお顔もほころぶ

s-IMG_1155.jpg

曽我兄弟 城前寺に参りました 保育園で子供たちが元気いっぱいに遊んでいました

s-IMG_1160.jpg

みかんもまだまだ出荷 お寺の前に積まれています

s-IMG_1163.jpg

これは見事な しだれ梅がありました

s-IMG_1169.jpg

こちらのおじさん とてもお話し上手でまたまたおみやげが増えました ウリの漬物もおいしかったです

s-IMG_1170.jpg

中河原の近く。あら、なんてクワハラさんのお知り合いのお店(期間限定)によって、下曽我駅に出ました。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

多摩丘陵⑮ 緑山-成瀬尾根 [関東甲信越 ウォーク]

多摩丘陵⑮は、前半 広い玉川学園から緑山を経てこどもの国へ。

s-IMG_1028.jpg

5月にもここから西へ七国山に歩きます。

s-IMG_1031.jpg

玉川学園は広いです

s-IMG_1033.jpg

奈良町第一公園 やっと抜けれそうです

s-IMG_1036.jpg

ささやかに谷戸の景色が残ります

s-IMG_1037.jpg

梅が咲いていました

s-IMG_1041.jpg

押し寄せる住宅地によく抵抗したものです。このあとTBS撮影所のある緑山をぐるりと半周回して

s-IMG_1042.jpg

こどもの国に出て なぜこんなところにという 漁師食堂で食事。

s-IMG_1044.jpg

以前に歩いて気持ちの良かった成瀬尾根を歩きます。

s-IMG_1047.jpg

横浜市境

s-IMG_1051.jpg

フラッシュがたけてしまった。

s-IMG_1052.jpg

広々とします

s-IMG_1055.jpg

緑地を抜けて公園に出ます

s-IMG_1056.jpg

条件がよければこんなに見えます

s-IMG_1058.jpg

この前もこんな感じでしたが。もう一回チャレンジ!?

s-IMG_1062.jpg

恩田川のサクラ並木へ急降下。

s-IMG_1071.jpg

東急の大きな車両庫を見てつくしの駅にて解散 私は反省しながら長津田に出て大林寺を見て帰りました。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

三浦アルプス [神奈川 登山]

田浦から仙元山へ 定番のコースのお手伝いです 歴史ガイドのありがたいサポートも

s-IMG_0949.jpg

トンネルの多い横須賀

s-IMG_0950.jpg

田浦梅林 咲き始めです

s-IMG_0952.jpg

すいせんは終わり 代わり時期でしょう

s-IMG_0954.jpg

やはりあと2週間、3月上旬が見ごろのようです

s-IMG_0955.jpg

その代わり 広々とお休み。でもこれからジャングルに入りますので仙元山までせまいです

s-IMG_0956.jpg

いちばん咲いていた白梅が見送り じつは雨上がりで滑らないか心配しています

s-IMG_0957.jpg

結果的にはこの手前あたりがいちばん滑りました 横横道路を渡ります

s-IMG_0958.jpg

ヤブツバキがきれいです

s-IMG_0963.jpg

いいですね

s-IMG_0961.jpg

乳頭山のあと 茅塚を往復します

s-IMG_0962.jpg

いつのまにか道標がとてもよくなっています

s-IMG_0966.jpg

道はあいかわらずですが。週末ということもあってたくさんの方と行き会います

s-IMG_0967.jpg

12時くらいに食事。

s-IMG_0968.jpg

今日は周り以外には展望がないなあ。

s-IMG_0969.jpg

大桜

s-IMG_0971.jpg

マテバシイ並木

s-IMG_0972.jpg

三浦の深いい自然

s-IMG_0973.jpg

さあ終盤です 道もそれほどすべらずよかった!

s-IMG_0975.jpg

冬場の緑にもいやされます

s-IMG_0976.jpg

仙元山で海を見ながらたっぷり休憩。葉山教会からバス通りに出ると、おいしいパン屋さん「ボンジュール」は閉店しましたの張り紙がしてありました。どうしてしまったのでしょう? 逗子駅でお開きとなりました。ハマさんと近くでお茶をおしゃべりをしました。歴史プロガイド集団 五人羽織、すごいです。

nice!(0)  コメント(0) 

丹沢 櫟山 [神奈川 登山]

以前の人気プラン。丹沢 櫟山へ。

s-IMG_0903.jpg

秦野駅の北側の窓は大山の尾根の傾斜に一致していますね。忘れぬようにメモします。

s-IMG_0909.jpg

長ーい西山林道を歩いて、黒竜の滝に下りました。奥多摩のように凍結はしないけど ひゃっこい! 

s-IMG_0911.jpg

東丹沢県民の森を登り返して富士山! 途中700mのあたりの北斜面を歩くルートが凍結していてアイゼンをはこうかと思いましたが、道なき尾根を直登できました。

s-IMG_0914.jpg

葉が落ちて広い空ですね。

s-IMG_0915.jpg

クヌギではなくアカマツが植わっています。

s-IMG_0918.jpg

いい天気でした。相模湾方面への見晴らしが広いです。

s-IMG_0921.jpg

山方面は三ノ塔が大きいですが枝のあいだ越しです。

s-IMG_0923.jpg

800mの山頂で富士山を仰ぎ昼食。いいハイキングでした。

s-IMG_0926.jpg

中山乗越への道をくだっていくと、何事かたくさんの人と行き会いました。ウォークイベントで林道を歩かれているようでした。

s-IMG_0931.jpg

寄 土佐原へ。正面は宮地山かな。

s-IMG_0937.jpg

寄のロウバイは6分ほどの開花でいい匂いでした。

s-IMG_0940.jpg

見ごろの新聞報道があったようですが、人も少なくて静かでした。

s-IMG_0943.jpg

青空にロウバイの黄色が映えますね。ぎりぎり1550発のバスに乗れました。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

浅間黒斑山 雪山 [関東甲信越 登山]

翌日の浅間黒斑山も好天に恵まれました。多少をメンバーが入れ替わって、再度車坂峠へ。高原ホテルの支配人の方が親切にも駐車OKしてくだしました。

s-IMG_0867.jpg

奥秩父の向こうに富士山

s-IMG_0869.jpg

アイゼン装着!

s-IMG_0877.jpg

おっ!

s-IMG_0878.jpg

おおっ!

s-IMG_0884.jpg

トーミの頭で大盛り上がり

s-IMG_0891.jpg

登頂!外輪山稜から噴煙上がる迫力の浅間山を間近に展望しました。

s-IMG_0893.jpg

懐かしのJバンドへの道 少し進んでみたけど、けっこう下り始めたので引き返しました。

s-IMG_0897.jpg

かなり長居して惜しみながら下山しました。

s-IMG_0900.jpg

今回、高峰方面にはこちらJRバスさんにお世話になりました。最寄りの小諸駅では空き席あれば乗せてくれるでしょうが、チケット変更はこちらでします。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

高峰温泉スノーシュー [関東甲信越 登山]

至れり尽くせりのいいお宿 高峰温泉をベースに雪山をエンジョイしました。

s-IMG_0756.jpg

到着日 先ずは高峰山で足慣らし

s-IMG_0752.jpg

スノーシュー、すぐになれました

s-IMG_0758.jpg

お楽しみのお料理 鍋物

s-IMG_0760.jpg

そしてお風呂

s-IMG_0769.jpg

夜、87才3代目大だんなさんが歴史を語ってくださいました。それから・・・ところが・・・と循環的に? どうしていいお宿になったかわかりました。

s-IMG_0773.jpg

朝はマイナス20度と冷え込みましたが2千m白銀世界水ノ塔山を歩いて、下山後も食事や露天風呂で楽しみました。翌日の浅間黒斑山も好天に恵まれて、外輪山稜から噴煙上がる迫力の浅間山を間近に展望しました。 

s-IMG_0782.jpg

やったね

s-IMG_0800.jpg

ホシガラス観察

s-IMG_0825.jpg

2千m白銀世界を水ノ塔山へ

s-IMG_0826.jpg

林をぬけてぐいぐい上がります

s-IMG_0831.jpg

けっこう夜につもりました

s-IMG_0832.jpg

夏場は平気の岩場を右に迂回します

s-IMG_0834.jpg

篭ノ登山

s-IMG_0838.jpg

黒斑山

s-IMG_0840.jpg

北側をぐるりとまわって登頂!

s-IMG_0847.jpg

横手山かな 

s-IMG_0849.jpg

s-IMG_0855.jpg

そして左奥に噴煙をあげる浅間山

s-IMG_0860.jpg

お昼に戻って食事をいただいて、男3人、露天風呂を楽しみました 頭にまいたタオルがかちかちになってヘルメットのように脱げました。このあとすぐに天気が悪化して露天風呂は入れなくなりました。

s-IMG_0865.jpg

その日は佐久平に下りて居酒屋さんで食事しました。しめのラーメン。 

nice!(0)  コメント(0) 

高尾 拓大尾根 [関東甲信越 登山]

高尾駅集合。この時期がいちばん冷え込んでいてお風邪などでキャンセルも多かったのですが、大勢の方々がご参加くださいました。

s-IMG_0694.jpg

冷え込む住宅地での、雪かきの方々の横をもうしわけなく通り過ぎながら尾根に取付き。早く暖かくなるといいですね。

s-IMG_0698.jpg

丘の上の住宅地から山の中へ。こういうところが読図がむずかしい。

s-IMG_0699.jpg

拓大尾根は拓大西尾根とも呼ばれているようですが、拓大の敷地の西側をいきます。この道もしばらく行くと左に鉄条網が出てきます。道の素朴さはいいかんじでした。

s-IMG_0709.jpg

尾根のアップダウンに「あきてきたー」という声が聞こえてきたころ、八方台に着きました。

s-IMG_0713.jpg

アイゼンをご用意いただいて、はくのであればこの前後の北側斜面でしたが、どうやら凍結はまぬがれて、はかなくても行けてしまいました。

s-IMG_0714.jpg

週末なのに誰にも会いませんでしたが、拓大尾根入口にて一組のご夫婦とすれちがいました。草戸山への稜線に合流すると行き来する人は増えました。

s-IMG_0720.jpg

草戸山登頂!低山なりのいい眺めです。橋本駅周辺の発展がいちじるしいですね。

s-IMG_0723.jpg

お昼をいただいて出発!

s-IMG_0733.jpg

城山湖に下りて、柵が閉まっているのを越えて、公園のトイレを借りて(車通行止めも利用OK)、凍結が心配された林道もゆるく溶けていて問題なく、大戸に下りました。

s-IMG_0735.jpg

遠く秩父に至る、鎌倉街道・山の道ですね。いつかたどってみたいものです。おつかれさまでした。ご参加いただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0)