So-net無料ブログ作成

下北恐山-津軽① [全国(東北 北海道 関西 九州)]

下北恐山-津軽  七戸十和田駅10:45集合(はやぶさ3号)。「大人の休日倶楽部パス」利用。有料道路を使うと下北半島をスイスイ。途中の横浜!の道の駅で、美味しいホタテのお弁当をいただけました。

s-IMG_8893.jpg

厚い雲を抜けると恐山へ。

s-IMG_8891.jpg

こちらは菩提寺本堂の欄干。なんのたとえか、すばらしい彫刻。

s-IMG_8886.jpg

最近は大祭以外では いらっしゃらないというイタコさん。幸運にもこの週末はお一人いらっしゃり、ご参加者のお一人が体験されました。

s-IMG_8894.jpg

その間に私たちは 奥の院を参拝

s-IMG_8895.jpg

いけめんお不動さまがいらっしゃいます。ここでは、お不動様とご本尊地蔵が「二而不二」、さらに釜臥山明神が一直線上・三者一体なのだそうです。

s-IMG_8896.jpg

さらに奥を周遊します。

s-IMG_8901 2.jpg

「なにか どきどきするわねえ」

s-IMG_8905.jpg

温泉も噴き出していたり、風呂場に引かれていたりしています。

s-IMG_8906.jpg

硫黄の黄色。お供えの金銭が黒くさびていました。

s-IMG_8909.jpg

八角円堂の裏、手ぬぐいが下げられています。浄土と地獄の境目あたり、目印なのか。

s-IMG_8914.jpg

怖いけど きれい。極楽浜へ。

s-IMG_8918.jpg

金掘地獄・女郎地獄・血の池地獄・・・ 由緒を聞きながらまわってみたいような

s-IMG_8922.jpg

ガスに巻かれていて神秘的でした。私たちが周っている間に、ツアーバスが4台・5台と着いては、あわただしく歩きまわって帰っていきました。お化け屋敷ではないんだから・・・

s-IMG_8924.jpg

今日は静かでしたが、建物はりっぱで、お参りする方も多いのでしょう。前日の渋谷の喧噪と比べるとおかしくなるような気がしたのであまり考えないことにしました。

s-IMG_8925.jpg

背の高い塔婆

s-IMG_8931.jpg

観光バスも通わないような細い道をたどって、海ぎわに出てしばらく、下風呂温泉へ。

s-IMG_8938.jpg

古くからの湯治場です。井上靖が「海峡」を執筆しました。

s-IMG_8940.jpg

幻の鉄道駅が再現されていました。少しだけ線路の上を歩けます。海峡いさりび公園を散歩してお湯に入りました。

s-IMG_8948.jpg

夜はごちそう。

s-IMG_8949.jpg

大間が近くのマグロ。タイ。ヒラメ。以前、来た時にたくさんいただいたイカは、最近不漁なのだそうです。

s-IMG_8950.jpg

特別にお願いしたウニ~ 地獄を見学した日の夕食は、温泉で海の幸を楽しみました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント