So-net無料ブログ作成

霧島 知覧 韓国岳 [全国(東北 北海道 関西 九州)]

この時期、当初は屋久島=縄文杉を目指していましたが、先月の災害により鹿児島県内・霧島行きに変更して行ってまいりました。

s-IMG_7113.jpg

鹿児島空港へ着陸  南九州は梅雨入りかすっきりしません

s-IMG_7116.jpg

当日の韓国岳登山は繰り越して 知覧に遊びに行くことにしました

s-IMG_7119.jpg

高城庵と書いて たきあんというらしいです

s-IMG_7120.jpg

薩摩らしい知覧御膳 煮物にサツマイモが 私は蕎麦をいただきましたがつゆがちょっと甘め

s-IMG_7124.jpg

知覧茶が美味しかったです さて武家屋敷巡りです

s-IMG_7136.jpg

二つ家は おとこ玄関 おんな玄関あり

s-IMG_7128.jpg

見事な石垣にはさまれた路地 両側に合わせて7カ所の庭園を拝見できます

s-IMG_7140.jpg

生垣のカットもうねりがあります

s-IMG_7146.jpg

一軒ごとに特色ある お庭

s-IMG_7151.jpg

背景の山(母ケ岳)とあいまって 山水をなすのだそうです

s-IMG_7154.jpg

丸い刈込みは マキ、、、松のようですね

s-IMG_7163.jpg

雨が降ったりやんだり 山でなくてよかったのかも

s-IMG_7162.jpg

この葺きを伝って 雨水が落ちてくる様が美しい

s-IMG_7171.jpg

花や葉や緑が映えますね

s-IMG_7173.jpg

これは一番美しいかも

s-IMG_7178.jpg

女性の主が、縁側の一か所を示して、「ここに腰掛けて見るのがいちばんよい」と教えてくれます。

s-IMG_7185.jpg

それぞれ自慢のお庭なのでしょう ただ抜けて空き地になっているところも少なからずありました

s-IMG_7192.jpg

西郷どんのロケにも使われていたようです

s-IMG_7198.jpg

さて、怖いような、ここは特攻平和会館

s-IMG_7199.jpg

中は撮影できませんが、胸を撃たれる展示の数々でした 「開聞よ 母よ さらばさらばと」

s-IMG_7202.jpg

これは実写? 今回は登りませんが この時代の悲しき峰の開聞岳

s-IMG_7205.jpg

特攻兵士が過ごした三角兵舎 私の叔父は海軍の特攻隊でしたので鹿屋のほうですが、このようなところで過ごしたのでしょう(予定日数日前に終戦となって 10年くらいまで存命してかわいがってくれました)

s-IMG_7211.jpg

霧島温泉(観光ホテル)泊まり 展望温泉にいつわりなく、鹿児島湾や桜島が見えました

s-IMG_7215.jpg

2日目、規制をぎりぎり外れて韓国岳登山できます

s-IMG_7218.jpg

ビジターセンターにすでにミヤマキリシマ

s-IMG_7221.jpg

規制円を外れるように新道を作ったのでしょうか  ミヤマキリシマの自然庭園です

s-IMG_7223.jpg

ぬかるみが多くなってきました 甫立さんは自重されましたが、その先の旧道へのトラバース道はもっとヌルヌルのひどいことになって行きも帰りも難渋しました

s-IMG_7226.jpg

旧道は広く歩きやすい

s-IMG_7228.jpg

ミヤマキリシマますますよし

s-IMG_7232.jpg

頂上まで約500mほどの登り このあたりが半分かな

s-IMG_7234.jpg

周りの視界が開けてきました

s-IMG_7236.jpg

硫黄山の噴気 写真右側は車・歩行者ともに通行止めです

s-IMG_7238.jpg

少し雨も降られましたが、なんといっても花がいいです

s-IMG_7244.jpg

頂上手前の、いちばん気に入ったお花畑

s-IMG_7247.jpg

登頂!なんか看板の様子が変わりましたが久しぶりです

s-IMG_7252.jpg

火口のほうには近づけないように、柵でたくさんガードされていました

s-IMG_7268.jpg

柴崎さん

s-IMG_7270.jpg

白いミヤマキリシマも見つけたんです 眼福の登山でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント