So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

牛の寝通り [関東甲信越 登山]

牛の寝通り ツアーや急げば日帰りもできますが山歩塾では前泊して今回が2回目s-IMG_3051.jpg

長兵衛ロッジ このごちそうが楽しみです そうそう今回はノンアルコールワイン!がお出まししました

s-IMG_3052.jpg

薪ストーブがうれしい

s-IMG_3057.jpg

夜の間の雨は上がりました! 愛知知多から羽月さんも今年初めてご参加!

s-IMG_3059.jpg

ぼくも入りました 雨具を着てですが、紅葉やロッジが鮮やかですね

s-IMG_3065.jpg

標高1700mくらいがいい色づきです

s-IMG_3068.jpg

勝縁荘まで足元もいいので雨上がりでもグッドです。

s-IMG_3072.jpg

福ちゃん荘 土曜日だけどだーれもまだいない。

s-IMG_3083.jpg

ガスがなかなか取れない・・・

s-IMG_3085.jpg

ガスガス。きれいな富士山を楽しみにしていたのに

s-IMG_3089.jpg

熊沢山を越えて石丸峠へ 牛の寝にはもう少し登って先に行かなければなりませんが、なぜかこの旧峠の雰囲気が好きで来てしまいます。

s-IMG_3094.jpg

牛の寝の長い尾根に入りました 当初は急な斜面を下ります。ガスが取れてきました。

s-IMG_3101.jpg

はるか先、三頭山のほうかな?

s-IMG_3104.jpg

きれいですね

s-IMG_3110.jpg

こちらは牛の寝のメインディッシュ、雁ケ腹摺山の眺めです

s-IMG_3122.jpg

だいぶ平になってきました

s-IMG_3137.jpg

今回のメンバー フロさんが京都で習ってきたとおり「一期一会」ですね。

s-IMG_3140.jpg

学生時代はトレーニングで、大菩薩峠から三頭山の避難小屋まで歩きました。

s-IMG_3141.jpg

ゆっくり歩けるようになった(体力的に歩かざるをえなくなった)のはラッキーというべきでしょう。

s-IMG_3144.jpg

となりの長峰(同じように なだらかな尾根)の紅葉がまたすばらしく見えました。

s-IMG_3148.jpg

長峰は一度通ったことがあります。まだダムが出来て埋まる前の「小金沢本谷」を遡行した帰りみちでした。 

s-IMG_3154.jpg

流れ落ちた将門(あるいは家族)の館があったとも伝わります。私が通ったときは真っ暗だったから何もわかりませんでした。

s-IMG_3157.jpg

大菩薩峠から派生するクモの巣状の峠みちは他にも、小菅みち、丹波みち、などがあります。

s-IMG_3159.jpg

フロさんには小説「大菩薩峠」の義賊・七兵衛の話もしました。

s-IMG_3163.jpg

青梅から塩山へ夜のあいだに盗みに出かけるのです。

s-IMG_3168.jpg

日本のルパン?同じ義賊。

s-IMG_3171.jpg

でも七兵衛は近年、実在していたことがわかってきたのだとか。

s-IMG_3172.jpg

などなど、うまく伝わったかしら。

s-IMG_3176.jpg

北の空の下には飛竜から雲取の奥秩父主稜線も見えました

s-IMG_3200.jpg

富士山はぼくは見えたのだけど・・・でもこれだけ紅葉が堪能できたのだからいいですね。

s-IMG_3203.jpg

きれいなところでお昼をいただきながら、

s-IMG_3207.jpg

となりの北側の尾根も紅葉きれい。大雨で、急斜面をけっこうきわどく細くなっているトラバース箇所もありました。

s-IMG_3212.jpg

夕方、小菅の湯まで たっぷり歩きました。お帰りになるお2人は上野原行きバスにほどなく乗車。あとの5人は80分ほど待ちましたが、フロさんは温泉、私たちはピザをいただきながら過ごしました。奥多摩駅まで、途中、真っ暗な中をけっこうハイカーが乗り込んできました。おつかれさまでした。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント